台湾での出会いによりクリアになった さつまいもカンパニーの方向性(後編)

瓜瓜園さんの会社/工場は高雄ではなくお隣の台南市にあるので、台湾新幹線を使って台南に移動しました。日本ののぞみをベースにしているだけあってそっくりでビックリしました。高雄から台南まで600円/15分程度で着きました。

台南駅では先日食品展覧会でお会いした邱さんが車で出迎えにきてくれていて、会社/工場まで案内していただきました。
台南駅からだいたい15~20分程度の距離でした。道中はパイナップル畑が多くみられて、暖かい気候ならではの風景が広がっていました。

さつまいも商品試食

事前にメールにてさつまいもを使った商品の試食がしたいと頼んでおいたのをきちんと覚えていてくれて、会議室に入るとすぐにさつまいもを使った揚げたての商品を出していただきました。

左はさつまいもコロッケ、右は紫さつまいもボールです。
コロッケのほうはタロイモ餡が、ボールのほうには小豆餡が入っています。

左はさつまいもフライ、右は黄金さつまいもボールです。
フライはそのまま美味しくいただけました。こちらのボールにはタロイモ餡が入っています。

こちらは冷凍焼き芋を解凍したものです。味は日本の安納芋に似てネットリ甘いです。

こちらは併設されている店舗でいただいたさつまいもアイスです。
焼いたさつまいもをダイスカットして入れてあります。

どの商品も大変美味しかったです。

さつまいもボールは揚げたてで食べると、ほっこりしていて、中の餡との相性もばっちりで、ついついパクパク食べてしまいます。これ、映画館やカラオケ店のスナックとしてめっちゃ良いと思います。(実際に台湾のカラオケ店に入っているとのこと)

特にアイス!
アイス自体にはあまりさつまいも感がなかったんですが、ダイスカットされたさつまいもの食感が楽しめて美味しかったです。正直、日本で売られているさつまいもアイスよりも断然美味しかったですよ。

台湾ではさつまいもは健康食品

建物の一部にはさつまいもに関する情報の展示ルーム、さつまいもを使った料理ができるDIY教室、が設けられています。

その中にさつまいもQ&Aというコーナーがありまして、下の写真は一問目の回答です。中国語は私も読めないのではっきりとはわかりませんが、抗酸化作用、動脈硬化に効果あり、GI値が低い、便秘に効くなど健康に良いということが書かれています。

街角で見かけた焼き芋屋さんにも書かれていたように、台湾ではさつまいもは健康のために食べるという人が多いそうです。
日本と同じく、戦時/戦争直後に食べる貧しい食べ物というイメージがずっとあったそうですが、台湾では健康食品というイメージがついてきたことで消費量が年々増えてきているそうです。
このことは、さつまいもカンパニーの目指す「さつまいもを通じた健康的なライフスタイルの提供」に大いに参考になり、目指す方向性が間違っていないと確信したところでした。

さつまいもを通じた産業振興

瓜瓜園さんでは未来のさつまいも産業の形として、6つのことを目指しているそうです。

  1. 農業人材の育成
  2. さつまいもを丸ごと利用する(ゴミを出さない)
  3. サービス業の品質管理を農業に持ち込む
  4. アジア市場へさつまいもを供給する
  5. 産業連携の模範となること
  6. さつまいもといえば台湾を思い起こさせるようにする

6つ目以外は「さつまいもカンパニー」が実現したい/目指したいことと同じ。
日本と台湾という違う国ですが、さつまいもに対する思いが一緒なところはあるんだなーと感動しました。
これら以外にも、上に少し書いた通り、健康食としてさつまいもをとらえていることや、DIYを通じた食育活動も行っており、さつまいもを軸とした事業/サービス展開は非常に模範となるものでした。

最後に邱さんと看板の前で一緒に写真を撮り、来年のFOODEXの際に出展されるとのことなので、その時の再会を約束し、固い握手をして別れてきました。

私は日本人なので日本の農業を支援したいという想いはありますが、それ以上に世界の食糧問題を解決したいという想いがあります。
これは大学進学時に農学部というフィールドを選んだ理由でもあります。

その後、農業に魅力を感じなくなり、仕事は別の業界を選びましたが、独立後にいろいろな出会いを重ね、国際的なつながりを持つようになった今、農業の世界に戻ってきて良かったなーと思っています。

台湾での出会いによりクリアになった さつまいもカンパニーの方向性(前編)

10月頭に台湾高雄を訪問したのは、実は台湾のさつまいも専業企業である瓜瓜園さんから、高雄国際食品展覧会と自社工場を視察しませんかというお誘いをいただいたのが直接的な理由でした。

台湾でさつまいもがどのように食べられているかの調査については、以前から夜市でさつまいもスティックが売られているという情報を聞いていたので、それを見てみようという感じだったんですが、思わずいろいろとサツマイモに出会ってしまったので、3回にも渡ってレポートさせていただきました。
さつまいもを求めて台湾へ 夜市で出会ったお馴染みと新しい味
台湾高雄でさつまいもを探して街歩き編
台湾高雄で出会ったさつまいもメニューを片っ端から食す

さて、瓜瓜園さんとの繋がりは、2年ほど前にホームページから問い合わせをもらったのがキッカケでした。当初は台湾からメール?と怪しんだのを覚えています。
その後、何度かメールでやり取りをさせていただき、2014年に幕張で開催されたFOODEXでは実際に会ってお話をさせていただきました。
その際に台湾産の焼き芋やさつまいも茶を試飲試食させてもらい、日本産と遜色のない台湾産サツマイモの美味しさに驚きました。

高雄国際食品展覧会

高雄国際食品展覧会の会場は高雄展覧館(Kaohsiung Exhibition Center)。
2014年にオープンしたばかりということで建物は非常にきれいでしたが、周りの道路は工事中でホテルから歩いていくのにはやや苦労しました。

台湾と日本のさつまいも情報交換

日本のFOODEXであった際も、日本と台湾のサツマイモ事業環境について意見交換をさせていただいたのですが、今回も主に私からは日本における人気のあるサツマイモの品種や、どのような形で食べられていることが多いのかというお話をさせていただきました。
瓜瓜園担当者(後で知ったのですが創業者の息子さんでした)からは、瓜瓜園がどのようにサツマイモ事業に取り組んでいるか、また日本の宮崎や鹿児島からも六次産業化の成功事例として視察に来られるというお話を伺いました。
また改めて書きますが、サツマイモを軸として、生産から販売までを一貫して行っている事業モデルには、さつまいもカンパニーとして実現したい姿に近かったので(いや、むしろそのままかも)、非常に話を聞いて興奮しました。
ちなみに、六次産業化という言葉は、日本で提唱された言葉ですが、わかりやすいので使っているとのことでした。

高雄国際食品展覧会には、主に国内や他のアジア諸国(シンガポール等)からバイヤーが来ていたようですが、冷凍焼き芋の人気がすごかったです。
「農場から食卓までの専門家」とは素敵な言葉ですね。

となりの会場では調理器具などの展覧会も同時開催されていまして、そこでは下のような焼き芋専用器が売られていました。日本だとローストチキンがぶら下がってそうな器械でしたが。

日本からの出展者のブースがありました。
なると金時も展示されていましたが、台湾産さつまいものおよそ3倍の値段だったそうです。
リンゴや梨などの果実はある程度価格差があっても売れると思うのですが、サツマイモは3倍の価格差に見合う味/品質の差があるかは微妙に感じました。

さて、次回の後半では、いよいよ瓜瓜園さんの会社/工場を訪問させていただいて、いろいろと感銘を受けた話で締めくくりたいと思います。

インドでは芋けんぴがかなりうけそうな予感

インドへサツマイモ視察に行ってきた件は、以前ブログにてお伝えさせていただきましが、その際に持ち込んだ日本のサツマイモ加工品と比較のためのお菓子を現地で食べてもらったアンケート結果が届きましたので、ご報告させていただきます。

アンケート結果

持ち込んだお菓子のうち、紫芋タルト、干し芋、安納芋グラッセは賞味期限の関係で、アンケート結果は取得できませんでしたが、その他のお菓子については22名(20~40歳、男性9名+女性13名)の方に食べていただき、5段階評価をつけてもらいました。

早速ですが、結果は下記の表の通りです。単純にスコアの平均値を計算しています。

お菓子名 評価平均スコア
芋けんぴ 4.45
さつまいもチップス 4.27
かりんとう 3.95
らくがん 3.89
甘納豆 3.84
黒棒 3.61
羊羹 2.50

さつまいも菓子が上位独占

さつまいもを使った2つのお菓子が1位と2位の評価を得ることとなりました。また、羊羹を除いて全体的に高評価です。
特に芋けんぴは一人の方が3をつけた以外は4または5をつけていて、どの人も芋けんぴよりも評価が高いお菓子はありませんでした。(3をつけた人は他のお菓子も3の評価)

インド人はディープフライ&甘いお菓子が好きという情報からも、やや予想通りの結果ではありましたが、さつまいもを揚げて作る菓子の販売は当たる可能性が高いと確信しました。私が向こうで作ったカリッと揚げた大学芋が高評価だったことが裏付けられた気もします。

お菓子にも健康を求める

お菓子を選ぶ基準はなんですか?と聞いたところ、「健康に良いもの」と答えた方が6名いらっしゃいました。(一位は「以前食べて美味しかったもの」で10名でした)

干し芋は甘味料なしでも甘いお菓子なので健康に良いイメージを出せばインドで売れるのではないかと考えていましたが、他の食感が軟らかいお菓子が全体的に低評価なのがネガティブに感じています。
干し芋の評価を知りたかったんですが、今回は残念でした。

インドでさつまいもビジネス

インドは年中暑いから大学芋は売れないという話を以前聞いたことがありますが、アンケート結果から考えると、十分に売れる可能性は高いと確信しました。

インドのサツマイモは糖分が少なそうだったので、芋けんぴなどの揚げて作るものに向いていると思われますので、現地調達で事業を構築できそうなのも良いですね。

インドの雰囲気はあまり好きにはなれなかったので事業をやろうという気を失っていましたが、アンケート結果を受けてインドでさつまいもスティック(芋けんぴ風)やチップスを移動販売で売ってみることも、再度検討したいと思います。

台湾高雄で出会ったさつまいもメニューを片っ端から食す

台湾さつまいも探求の旅、3回目の投稿は小売店で見かけたさつまいも加工品や、飲食店でのメニューについてレポートしたいと思います。

ちなみに1回目、2回目はこちらです。
さつまいもを求めて台湾へ 夜市で出会ったお馴染みと新しい味
台湾高雄でさつまいもを探して街歩き編

新光三越内にあったオーガニック食品を扱っている店の商品をチェックしていたら、さつまいもビーフンなるものが売られていました。
使用しているのは黄金芋と紫芋の2種類で、配分比率は米粉80%とさつまいも粉20%みたいです。
こちらは購入し、日本に帰ってから食べてみましたが、ほのかに甘味のあるビーフンで普通に食べれましたが、材料や味付けを一工夫することでさらに美味しくいただけるのではないかと思いました。

また、昼食のため新光三越内のフードコートにふらっと立ち寄ってメニューをチェックしてみたら「Fried toast with Sweet Potatoes」なるものがあるじゃないですか。我ながらサツマイモに巡り合える引きの強さに感心しました。

味はサツマイモ餡の揚げゴマ団子に近かったです。トーストに一工夫があればもっと美味しくなりそうです。

ファミリーマートでは、梅風味のさつまいもスティックフライの冷凍が売られています。
ホテルに帰る前に購入したところ、何も言わなくても店員さんが温めてくれたので、ホテルで食べてみましたが、甘くて美味しいです。
残念ながら梅味はそんなにしませんでした。

あと、ホテルの朝食バイキングでも、さつまいものお粥がありました。
さつまいもの味はあまりしませんでしたが、黄色の芋(黄金芋)を使っていることから、お粥にプラスすることで栄養が補強されるイメージなのでしょうか。

何回かにわけてお送りしてきた台湾さつまいもシリーズですが、次が最後になりそうです。
最後は、さつまいもカンパニーの方向性を確信する良い出会いについてレポートしたいと思います。

マレーシアやインドネシアでのサツマイモの食べ方(ウビゴレン)

海外でのサツマイモ利用を調べていたら、古い記事ですがマレーシア政府観光局のオフィシャルブログにもサツマイモフライのことが載っていました。

マレーシア政府観光局 オフィシャルブログ:フライド・サツマイモ☆
http://livedoor.blogimg.jp/mtpb_blog/imgs/3/1/31c58513-s.jpg

記事中にあるピサンゴレン(バナナを揚げたお菓子)が、ホットケーキミックスのようなものを衣にしてバナナを揚げたものなので、こちらも同様に衣をつけてサツマイモを揚げたものと思われます。
マレー語で「サツマイモ」は「ウビマニス」というそうですが、これはウビゴレンと呼ぶようですね。

バリ島では、スティックではなく日本の天ぷらに似たものが売っているみたいです。
ゴレンガン屋台のチープなおやつ | バリ島ナビ

今度、ピサンゴレンのレシピを参考に、バナナの代わりにサツマイモを使って作ってみることにします。

台湾高雄でさつまいもを探して街歩き編

夜市編に引き続き台湾高雄の街中でみかけたサツマイモについてレポートします。

さつまいも青果

蓮池潭のそばにあるローカルマーケットで、サツマイモを売っている人を何人か見かけました。
ほとんどのところで肉色が黄、紫、オレンジの3種類が売られているので、一般人にもカラフルな品種が受け入れられているのかなと思いました。
聞いた話によると30元/Kg(120円)ぐらいなので、日本に比べるとかなり安いですね。

一方で、スーパーマーケット(カルフール/成功店)では品種は1種類のみで、形も小さいものしか売っていません。
このあたりの状況は、直売所では数品種のサツマイモを見かけるが、スーパーでは1~2種類しかみかけない日本に似たものですね。
上に書いたローカルマーケットでも、実際に多くの人が手に取っていたのは一般的な品種であって、カラフル系ではなかったので。

ちなみに、スーパーでは鹿児島県産のサツマイモも売っていましたが、値段は1.5倍ぐらいです。
別途レポートしますが、台湾のサツマイモも十分に甘く美味しいので、形も悪く傷も多かい日本産のサツマイモが実際に売れるのかは疑問です。

焼き芋屋

カルフールの斜め前には「土窯蜜烤地瓜」と書かれた焼き芋&蜜甘藷屋を発見しました。
車で乗り付けて買って行く人もいたので、なかなか人気っぽいです。大学芋かと思いましたが、見た目が少し違うので、たぶん蜜甘藷(蒸したサツマイモをシロップにつけたもの)だと思われます。

夜市の屋台でも見かけましたが、台湾では土窯を使うのはよくある売り方なんですかね。インドでタンドリーを使った焼き芋屋が出来ないかと以前検討したことがあったので、似たような売り方をしているのは気になりました。

あと、日本でも見かけるような焼き芋売りも街角で見かけました。
高雄は年中暑いのに売れるものなのかと思いましたが、「健康」の文字があるので、ヘルシーなイメージで常に食べられていると思われます。
ちなみに、台湾のサツマイモは11月からが美味しい季節だそうです。

さつまいもを求めて台湾へ 夜市で出会ったお馴染みと新しい味

さつまいもを追い求めて台湾の高雄に行ってきました。
まずは夜市で出会ったさつまいもを使った食べ物についてレポートしたいと思います。

のれんに「地瓜」と書いてあったらサツマイモです。

大学芋

「抜絲地瓜」と書かれていました。関西風のカリッとした揚げ方で飴をからめているものなので、関東の大学芋とは厳密には違いますが、台湾でも大学芋と呼ぶこともあるそうです。
日本のものに比べるとさつまいもがしっとりした食感で、美味しかったです。
サツマイモだけではなくタロイモを使ったものも一緒に売っています。

さつまいもボール

「地瓜球」と書かれていました。
サツマイモ粉ともち米粉で作った団子を揚げたものです。もちもちとした食感とほんのりした甘さがあって美味しいです。
トッピングなしで食べましたが、梅粉をトッピングして食べても美味しそうだと思いました。(他にも海苔や胡椒のトッピングができそうです)

芋餅

さつまいもオンリーで作られたものではないですが、じゃがいもとさつまいもの粉を練ったもの生地にし、具に豚肉等を使った餅です。
固めの食感で、個人的にはあまり美味しくなかったです。普通の豚まんのほうが美味しいかな…

台湾の夜市で、さつまいもスティックが売られているという事前情報がありましたが、六合夜市、凱旋觀光夜市など大きな夜市から、新堀江など小さな夜市まで見て回りましたが、残念ながら今回は見当たりませんでした。

浅草大学芋ツアーに参加してきました

日本・大学芋愛協会主催の浅草・大学芋ツアーに参加してきました。

交通網が発達していない昔、サツマイモの産地である埼玉県川越から東京へは、船でサツマイモを運ぶ必要があったため、船着き場のあった浅草にサツマイモ問屋が集まっていたそうです。
その関係で、サツマイモ関連の小売店も多く、いまでも残っているそうです。(一方のサツマイモ問屋はほとんど廃業してしまっていますが)

ツアーでお邪魔をした大学芋屋さんは、千葉屋さんとおいもやさん興伸さんです。

千葉屋さんは店頭では400g~となっていましたが、200gでも販売していただけました。店員さんの手際の良さがみてて楽しいです。

おいもやさん興伸さんでは、店舗裏手にある調理場の見学と店員さんによる調理方法などの説明を聞くことができました。
おいもやさん興伸さんは浅草内の5店舗以外にも、巣鴨、北千住、上野、東京、川越などにも店舗がありますので、お買い求めやすいと思います。

ちなみに紫芋ソフトクリームを買ってみましたが、あまりサツマイモ感のない仕上がりで、サツマイモが苦手な人でも食べやすいと思います。(一方で、わざわざ紫芋ソフトクリームを食べる必要があるのか?とも思いますが…)

その後、ちかくのフリースペースに移動して、試食会&大学芋のうんちく話。

試食会では、千葉屋・おいもや興伸・ねぎし丸昇の3店舗の大学芋食べ比べ。

個人的には千葉屋さんの大学芋が一番でした。たれがすこし甘辛く、サツマイモも少しかために揚がっていて美味しかったです。ねぎし丸昇さんのは、時間が経っていたのもあるかもしれませんが、べちゃっとしていてイマイチでした。

おいもやさん興伸の社長さんからも話を伺いましたが、印象に強かったのは2点です。

  • 大学芋もホクホクよりもしっとりの人気が上がってきている。しかし、しっとりとした大学芋のサツマイモは外国産。外国産だというと国産のほうを買う人が多い。
  • 皮をむいて面取りをしているため、廃棄ロス率は5割を超えている。皮は放射能の関係で嫌がる人が多い。

集合時間よりも早く着いたので、浅草寺周辺をブラブラしていましたが、観光客が多すぎて大変でした。
出店も多く並んでいましたが、その中にさつまいもスティックを売る店を発見。大きいサツマイモをざっくり切って揚げて、砂糖をまぶしているみたいです。買っている人はちらほら。

サツマイモによる国際ビジネス展開と国際貢献

先週末に開催された日本いも類研究会主催の「サツマイモ産業振興研究セミナー」に参加し、川小商店・代表取締役社長の齊藤浩一氏による「大学いも文化とビジネス」をテーマとした事例発表を聞いてまいりました。

シンガポールで催事販売してみたところ、焼き芋・大学芋が好評で、日本の2.5倍ほどの価格になったにも関わらず売れたということ。日本産のサツマイモだけではなく、インドネシアやフィリピンで生産されたサツマイモを使うことで年中供給される体制を作っていること、またその活動を通じて、各国を支援していきたいとの思いを伺いました。

サツマイモによる国際貢献

サツマイモの生産量が多い国は貧しい国が多いのが現実です。
サツマイモの生産から販売までを一気通貫して行う六次産業化の導入による所得の向上、サツマイモのフェアトレードによる現地農家への還元など、サツマイモビジネスの展開で国際貢献できるところは大きいと思います。

大学芋だけではなく、焼き芋・干し芋・芋ケンピなど、東南アジアや中東でも受けそうなサツマイモ菓子は多いです。これらの事業を海外で展開してみるのは今後の夢です。

インドネシア産サツマイモを使った大学芋

試食タイムでは、おいもやさん興伸で売られている、日本産サツマイモを使った「小町」とインドネシア産サツマイモを使った「みやび」という大学芋をいただきました。

個人的には、インドネシア産大学芋も美味しかったですが、年配の方からするとやや固くて食べにくいとの評価でした。これについては、関東/関西で大学芋として売られているものが違うということに起因するのではないかと推測してます。

大学芋の関西風・関東風

私は関西出身なので大学芋といえば、カリカリしたものと思っていましたが、今回試食させてもらったものはホカホカで飴も軟らかいものでした。

諸説ありますが、もともと関東の大学生に人気があったことから「大学芋」という名前がついているとおり、関東風が正式なものみたいです。関西風は中国料理に近く「中華ポテト」と呼ぶのが正しく、お酢や醤油が入った甘辛い味付けで飴がカリカリになっています。

そういえば、セミナーの席で日本・大学芋愛協会の会長という方にお会いしました。
面白い団体・活動で、さつまいもエバンジェリストとしては、何か一緒にやっていきたいなと思いました。

日本・大学芋愛協会