会社を閉じることで前向きになれる

9年前に最初に作った会社「株式会社エーブリッジ」を、事業や財務の整理がついたので、閉じることにしました(正確には休眠です)。
一抹の寂しさはありますが、ひとつの区切りであり、開放感のほうが大きいかもしれません。

もともと大学生の頃から起業志向が強く(というか人に使われるのが嫌)、いつかは起業するぞと思って就職したので、社会人6年目の時に、会社辞めて起業(脱サラして飲食店)を考えていましたが、当時は自信がなくなり途中で起業自体をやめて転職しました。

転職後はそれなりに充実した会社員生活で、キャリアを積むためにMBAを学ぼうとグロービス経営大学院に通い始めました。
ところが、 グロービスって志教育がかなり強くて、果たしていま自分がやっていること、これからの会社のキャリアが、自分のやりたいことなのか?のような疑問がふつふつとわいてきます。

で、やはり農業に関わっていきたいという思いが強くなり、前回起業を考えていた時に作った農業系のビジネスプランがあり、それをベースとして主にITで農業を活性化することを目指し、勤めていた会社を辞めて起業すると決めました。
決めた後に子供ができたことがわかりましたし、当時はコネなし、仕事なし、お金なしの状態で、今振り返るとかなり無謀でしたね。

当時は農業ITにそこまで注目度も市場もなかったこともあり、生産者支援として売上を伸ばすこと=六次化という安直な考えから、シックスコンサルティングという社名にして、農業の六次化支援として農産物の通販事業を開始しました。

その後、農業×IT×アジア(海外)の3つの軸を組み合わせた事業をやろうとエーブリッジという社名に変更しましたが、オフショア開発やプロジェクトマネジメントが事業の中心になりました。

紆余曲折あり、一時期は眠れないほど追い詰められ深い闇の中にいた時期もありましたが、経営面では友人との共同経営・雇用・借入、事業面では未経験分野の仕事・海外企業とのやり取りなど様々な経験ができ、それが自分の血肉となり今の自分があると思います。

また、会社員時代の繋がりではなく、起業後に築いてきた繋がりのみで仕事を作ってこれたのは、ほんとうに良い人にめぐりあえたおかげです。お世話になった方々には深く感謝しています。

思い返せば、大学生時代にお世話になった方が、私をあらわす言葉として「人倫」を贈ってくれたことがありました。
人と人との関係、人として守るべき道を大事にする姿勢が、私がなんとかやれている礎になっていると感じています。

最初の会社の事業のひとつとしてサツマイモに関わることをはじめて、サツマイモだけに特化した会社を作ろうとスピンオフして、6年前に作った会社がさつまいもカンパニーです。6年間でサツマイモが事業の中心になりました。

さつまいもカンパニーは私が生きている限り無くなることはないと断言できますし、私が死んでも会社は残るようにしたいと考えています(まだ早いか)。

引き続きよろしくお願いいたします。

わかりやすく伝えるという価値

先日、サツマイモ基腐病の対策について埼玉県川越地域の生産者を対象に話をしてきました。
私自身、サツマイモの専門家(オタク)を名乗ってはいますが、病害虫対策の専門家ではありませんので、基本的には各所から発表されている資料をベースとして、鹿児島県を視察したり現地の人に聞いたりした内容を織り込んで話すしかありません。

そのため、このお話をいただいたとき、最初は「サツマイモ基腐病については公開資料を読めばたいていのことは書いてある。自分がわざわざ話する意味があるのだろうか?」と思っていました。

ただ研修会が終わった後で、「丁寧でわかりやすい説明ありがとうございました。非常に勉強になりました。」という感想をいただいたとき、これが自分の提供できる価値だと再認識しました。

サツマイモ基腐病の対策の資料も生産者の立場で書かれたものは少なく、たいていは技術的な観点から書かれています。そのため、言葉が難しかったり、現場で扱うには不要な情報があったり、具体的な方法がわかりにくかったりとそのままでは活用しにくい。

そのため、相手にとって(今回は生産者の視点で)必要な情報は何か?どう伝えれば理解しやすいかと考えて資料や説明する内容をまとめました。

一方、3月末まで進行管理役として関わっていたスマート農業実証プロジェクトでは、現場からあがってきた結果を、国や研究機関に説明できるように報告書にまとめる必要があります。

もちろん私一人ですべてを書き上げたわけではありませんが、各担当者が書いてきたデータや実施内容・検証結果の整合性、各論の間で齟齬がないかどうかなど、全体を通して筋が通った理論的な文書に仕上げました。

自画自賛ではありますが、農業の分野でこのようにいろいろな立場から情報をまとめて、資料を作成して、説明できる人って非常に少ないと思います。

私自身の価値は「いろいろな立場(側面)から、わかりやすく伝える」ことにあるのではないか?
最近、このように考えて、あらためて情報をまとめて発信することに力を入れていきたいと思っています。

2021年度期首にあたって

2021年8月1日からさつまいもカンパニー株式会社は第7期、さつまいもアンバサダー協会は第3期がスタートしました。
これもひとえに皆様方のサポートの賜物と心より感謝しています。深謝。

2018年にさつまいも産業振興ネットワーク構想をまとめ始め、2019年6月にサツマイモ産業振興セミナーで発表し、その後8月にさつまいもアンバサダー協会を立ち上げました。
2019年当時の構想は次のスライドの通りです。

しかし、2020年に入ってからゴタゴタや感染症禍などいろいろなことが発生し、精神的に守りに入ってしまっていたところがありました。
また、スライドの通りのプランではありましたが、実際のところ、さつまいもカンパニーとさつまいもアンバサダー協会の事業や役割のすみわけ、私自身も会社でやるべきなのか協会でやるべきなのか、その迷いが発生し…

ということで2020年に作ったネットワーク構想は次の通りです。
さつまいも情報センターが協会のほうに移っていたり、さつまいもファームが外に出ていたりしています。

でも、4月頃からさつまいもカンパニーとさつまいもアンバサダー協会の事業プランをきちんと整理をしていこうと考え、現在は各々の事業プランを定義できています。

2021年度についての詳しい話はまた別の投稿で書きたいと思います。

とりあえず、今年度からは攻めに転じます!

農業DXから農業SXへ

農林水産省が農業DX構想を取りまとめて公表しています。
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/joho/210325.html

「農業・食関連産業の関係者の方々が農業DXを進める際の羅針盤として、また、取組全体を俯瞰する見取り図として活用いただけるよう」と書かれているように、農業現場だけではなく、食関連事業者も対象に入っているというのが、スマート農業からさらに一歩進んでいると感じるところです。

ただ「農業のデジタル化」といっても、農作業から販売、管理まではスマート農業の範囲でこれまでにさんざん取り組んでいますし、サービスも出そろってきています。

いまのスマート農業は既存作業や業務フローのデジタル化がほとんどなので、結局は農業経営者次第なんですよね…ITを活用した方が楽だと思いますが、まあ苦手な人はどこの業界にもいますので、あえて農業を特別視する必要はないと思います。

個人的には、国への申請のデジタル化については、効率化の観点でぜひ進めて欲しいと思います。

スマート農業との付き合い方

現状、スマート農業は離れずくっつかずぐらいでお付き合いするのが良いと感じています。
無理のない範囲で農場の一部でサービスをテストしたり、情報を収集したりして、スマート農業に関わっている企業や生産者が何をしているのか、しようとしているのかがわかる位置にはいたほうが良いと思います。

スマート農業を普及する側、利用する側の両方の立場、農業以外の産業のこれまでの流れを見た上での私見ですが、

  • 稲作関連は国産サービスが残る。
  • 稲作以外は海外サービスが入ってきて、徐々に主流に。
  • 国内では1つか2つかのサービスのみ残り、農機メーカーに統合されていくのでは。

で、他に何が日本独自で成長するかなーと思うとHR(Human Resources)分野ではないかと思います。
企業的経営が増えていく中で、人材不足は明確に起こることがわかっている課題なので、いかに人材を集めて育成するかが鍵になっていくでしょう。

DXはあくまでも手段

「消費者ニーズに的確に対応した価値を創造・提供する農業(FaaS(Farming as a Service))への変革を進める」とも書かれていますが、これも農業DXで進むのか?というと、あんまり関係ないと思います。

そもそも、農業DXの意義・目的とも書かれていますが、農業DX自体(スマート農業自体)はあくまでも手段であって、これ自体が目的になることはないと思います。
いわゆる手段の目的化です。ある目的を実現するために農業DXという手段を選択したはずなのに、農業DXを推進すること自体が目的化してしまっています。

上の例でいくと、「消費者ニーズに的確に対応した価値を創造・提供する農業」というのがどのようなものなのか、その意義・目的、方向性があって、そこにテクノロジーをどう使うかの順番だと思います。
で、消費者ニーズに的確に対応した価値を創造・提供するなんてことは、何年も前から言われていて、すでに多くの事業者が取り組んでいます。今更感が半端ないです。

農業DXから農業SXへ

欧州で今中心になっているのは「SX」でサステナビリティ・トランスフォーメーションと言われているそうです。DXはどちらかというとSXのための手段という位置付けで、手段であるDXの話が国民的なトピックになったりすることは稀なようです。

食産業はサステナブルな視点からは、二酸化炭素の排出量や食品ロスなど課題が多い産業としてあがりやすいです。そして、食産業の密接な関係にあるのが農業です。

農林水産省が、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を策定しています。https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html

みどりの食料システム戦略もいろいろと言われているようですが、中長期視点からすると方向性に間違いはなく、サステナビリティを念頭においた農業への転換(農業SX)を目指すことは、これからの未来の農業には非常に重要だと思います。
文句を言っている人はいまの立ち位置から踏み出していないだけだと感じます。

消費者ニーズというのが単なる消費だけを考えるのはすでに時代遅れだと思います。学生や若い人と話をしていてもSDGsやエシカル消費の意識は非常に高まっているという印象です。

ただでさえ、変革のスピードが遅い食や農業では、十年以上先を見据えた活動が必要です。
農業DXを目的とするのではなく、あくまでも手段として、農業SXの構想(みどりの食料システム戦略をこう呼ばせてもらう)を進めて欲しいと思います。

サステナブルでスマートなサツマイモ栽培

昨今は、SDGs(持続可能な開発目標)への意識が日本でも確実に高まってきていて、SDGs経営を導入・推進しようと考えている企業が増えてきています。

一昔前であれば、「企業の社会的責任(CSR)」という言葉がよく話題にあがっており、どちらかというと企業の社会的貢献や企業イメージの向上を図る慈善活動のように考えられている側面が強くあり、直接的な利益には繋がらないですが、プロモーションの一部として考えている企業も多くありました。

SDGs経営はもう少し踏み込んだ形で、事業として社会的な課題を解決しようという側面が大きいと思います。社会的な課題に対してビジネスやマネジメントのスキルを応用し、問題の解決とともに収益の確保にも取り組む社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)が、一時期流行りましたが、それに似たことを企業が新規事業として取組みという形でしょうか。

私自身、子供のころに叫ばれるようになった、自然破壊・砂漠化・食糧危機といった世界規模での社会的な課題に対して、それらを解決できる人になりたいと思い、農業への関心をもち、農学部に進むことを決め、今風にいうのであれば、サツマイモは数多くある作物の中でも最もサステナブルな作物の一つだと感じて、サツマイモに注力することに決めました。

一方、農業の世界では、主に人手不足という課題に対するために、スマート農業という取組みが推進されています。
農林水産省が定めているスマート農業の定義は下記の通りです。

スマート農業とは、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する等を推進している新たな農業のことです。

日本の農業の現場では、依然として人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多く、省力化、人手の確保、負担の軽減が重要な課題となっています。

そこで、日本の農業技術に「先端技術」を駆使した「スマート農業」を活用することにより、農作業における省力・軽労化を更に進められる事が出来るとともに、新規就農者の確保や栽培技術力の継承等が期待されます。

https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/17009/02.html

私自身、数年間にわたってスマート農業の推進や普及に取り組んできました。今も実際にスマート農業実証プロジェクトに関わっています。
一方で、実際に栽培現場にも関わっている立場からすると、「先端技術」を駆使する必要はなく、根本的な「農業技術」を理解して活用すれば、十分だと思う場面が多くあります。つまり、最先端だけではなく、これまでに人類が培ってきたテクノロジー(農業技術)を賢く(=スマートに)組み合わせて活用することがスマート農業だと私は考えています。

茨城県境町というところで、本格的にサツマイモ生産活動を開始する計画を進めてます。
そこでは、私が考える「サステナブルでスマートなサツマイモ栽培」(Sustainable and Smart Sweet Potato Farming、3S農法)の確立を目指していきます。

このような考え方に共感・賛同してくれる仲間(個人・企業)を集めて、利他の心、オープンマインド、フェアの精神を大切にこれから取り組んでいきたいと思います。
ご関心ある方はぜひお問い合わせください。

サツマイモ品種の海外流出から考えるべきこと

見知らぬタイ人(以下、T氏)から日本のサツマイモについて教えて欲しいと突然メッセージがあり、サツマイモを通じた国際交流をかかげている身としては無視はできず、相談にのることにしました。

T氏がいうには、「T氏の出身地ではドリアンやキャッサバの生産が盛んであるが、今後はサツマイモに注目している。数種類のサツマイモ品種が栽培されているが、日本の品種ほど甘くなく、日本の品種を栽培したい」とのこと。
現地生産者価格を日本円にすると、キャッサバは9円/kg、サツマイモは100~300円/kgらしく、甘い日本の品種を栽培することで、現地生産者の新しい収入源になるのではという考えです。

少しやりとりを続けていると、3年前に書いたサツマイモ品種の海外流出問題にぶち当たる話でした。前回は人から聞いた話が中心でしたが、今回はその現実を目の当たりにしました。

メッセージのやり取り

私からは、「日本の品種を海外で栽培するには、育成者権が切れた品種か、育成者権が切れていない品種の場合は、法律に基づいた手続きが必要である」と説明しました。

T氏が言うには「日本のサツマイモ”べにはるか”がタイでは有名で、義姉が日本から輸入しているという店で買ったサンプルを送ってくれた」と、私に見せてくれた写真が次の通り。

私が「ベトナムや韓国で勝手にべにはるかが栽培されているのが問題になっているので、正式な手続きについて調べて連絡するよ」というと、T氏から「べにはるかは地元の10ぐらいの農園ですでに栽培されているよ」という衝撃的な答えが。さらに「でも、スーパーで売っているイモから苗をとって植えられますよね?」と言って、写真を送ってくれた。

私は「可能ではあるが本来それは禁止されている行為です。正式な手続きを行ったほうが良い。」といったところ、「合法な手続きがあればそれを行ったほうが良いと思う」と理解を示してくれました。
ただ、T氏からはさらに「コストがかかるのでは?コストがかかるのであれば彼ら(=ベトナムや韓国)が違法に行っている理由がわかる」と言われ、「その通り、コストはかかるからだと思う」と答えました。

するとT氏からはさらに「そのコストがタイと日本の両方の農家の利益につながるのであれば、そのコストをプラスしても良いはずだ。例えば、生産効率を上げるためのサポートや新種の開発などです。」と言われ、その通りだと心の中で思いながら、いったんお開きとなりました。

今回の件で思ったこと

農業に関する様々な施策が要因として関わっている

海外で日本の品種を栽培するためには、現地での品種登録が必要になると思います。サツマイモの幾つかの品種は中国などで品種登録を行っているようです。

現在、サツマイモは東南アジアを中心とした海外でも人気が高まっており、日本からの輸出量は増加しています。ただ、上のT氏とのやりとりでわかるように、生サツマイモの輸出は、品種を流出させていることとある意味同義です。そのためにも、実効性がどこまであるかは疑問ですが、少なくとも輸出先での品種登録は事前に行っておくべきだと思います。(たぶんされていない)

昨今、種苗法改正がいろいろと話題になりましたが、このような事象が発生していることを認識しておくべきだと思います。

また、農業の現場では、東南アジア諸国の労働力(外国人技能実習生等)が必要不可欠になっていますが、彼らが帰国する際に持ち出しているということもあるそうです。

輸出振興、種苗法、外国人技能実習生など、一見繋がりがなさそうなことも、裏ではいろいろ影響しあっているものなので、各方面に目を光らせながら、施策を考えて欲しいと思います。

パッケージとして輸出する仕組みが絶対必要

農林水産省のほうでJ-Methods Farmingという取組みがあります。日本の優れた農業技術をパッケージとして実証し、日本農業のモデルルームを他国に設置し、我が国の農業技術の優位性を実演するものです。

前回の記事にも書いた通り、日本人が海外での生産について積極的に関わって取り組むべきだと思います。一つの作物にはいろいろな技術(育種から栽培、加工、流通まで)が関わっていて、各技術を個別に持っていくのは非常に非効率的だし、あまり普及できないと考えています。なので、この取組みは考え方としては非常に良いと思います。

以下の写真が送られてきました。同じべにはるかと書いてあるが、食べてみると全然違ったと。原因としては、1)全く違う品種をべにはるかと詐称して売っている。2)栽培条件や貯蔵条件が異なる。が考えられると伝えました。

例えば、これが同じべにはるかだったとすると、栽培条件や貯蔵条件によって甘さはまた変わってきます。東南アジアは気温が高いので糖化が進まない可能性が高いと思います。

そうすると、サツマイモを糖化させる技術など、現地品種を使いながらも、品質を高めることができるのではないかと思います。

また、最後にT氏が言ったように、単なる農産物の輸出だけを考えるのではなく、双方にとってプラスになる仕組みを考える必要があると思います。ここは、国内生産者を優先する必要がある農林水産省としては難しい領域だと思いますが、国際協力の枠組みで何か考えられないかと思います。

サツマイモの栽培から販売までの仕組みをパッケージ化して世界展開することが、私が最終的に目指している形です。
引き続き、サツマイモに関して、縦にも横にも広げていけるように精進します。

グリーンインフラ論の講義を終えて

大正大学でのグリーンインフラの講義が終わりました。
継続してほしいとの声はいただいていましたが、来年度はいろいろ忙しくなりそうだったので、残念ですが1年間で終わることにしました。
時間的な余裕があれば続けたかったです。

さて、最終の4半期は私が主担当で食や農業について基本資料作成および講義をすることになっていたので、以下のようなテーマで、100分間分の授業&講義資料作成をやりました。

  1. 農産物の生産・流通・販売(農業の多面的機能、流通の仕組み、JAや卸売市場の役目、六次産業化)
  2. 作物のポテンシャルの探求(さつまいもの魅力と可能性)
  3. 食や農業の課題と社会企業活動(耕作放棄地、品種流出、フードロス、食の安全・安心など様々な課題とそれに対する国の施策や民間サービスについて)
  4. 食料安全保障(SDGs、持続可能な農業、食料安全保障/食料自給率)
  5. 食や農業とテクノロジー(フードテック/アグリテック/スマート農業)

マクロな視点から現場の小ネタまで、各テーマもうまく繋がるようにできたかなと自画自賛です。自分の頭の中の整理にもなりました。
総じて思ったのは、消費者側の食生活の変化、リテラシーの問題が大きいなと。全国民が受けても良い授業になったんじゃないかと思いました。

学生からの評価が高かったのは、やはりさつまいもの魅力と可能性を語る回でした。
先生が一番輝いて講義していました!とか、私もそれぐらい打ち込めるものを見つけたいとか、そういう感想が多かったです。

コロナ禍の影響ですべてオンライン授業になったため、大学の教壇に立つことはできませんでした。
また機会をいただけるのであれば、やってみたいと思います。

グリーンインフラ論のレポートを通じて

グリーンインフラ論のレポート採点が終わりました。
点数だけで良いですよと言われたけど、頑張って約90名のレポートにコメント付きで返しました。

学生に出したレポートテーマは「地元の食や農業の課題または地域活性化の取組みに関する課題を調べて、その解決策を提案する」です。まずは自分の身近な範囲で何が起こっているのか知る、またその土地ならではの利を活かすことを考えることが大事かなと。90通りの地域や課題、考え方があって、採点するのも勉強になって楽しかったです。

ただ、2つほど良くあるパターン(たいていの地域で抱えていること)で終わってしまっている学生も多く、もう一歩踏み込んで欲しかったです。

よくあるパターン1
(課題)農業人口が減少しているので、特に若い新規就農者を増やしたい
(提案)若い人の農業への関心が薄いのが原因。農業体験などの機会を増やす。

よくあるパターン2
(課題)地元の特産品の知名度が低い
(提案)給食に出す。駅など一通りの多いところでPRしながら売る。

授業後に学生から授業を受けて考えたことや感想などを提出してもらうのですが、それを読んでいると本当にいまの学生は真面目で、自分の意見や考えをきちんと書ける人が多いなと思います。(教えている側の先生らと話をしていると、自分が学生の頃は…な話になるのも面白い)

意識高い系ではなく意識高いままに進んでいってほしいと願ってます。

よみうりカルチャーでサツマイモ講座を行いました

よみうりカルチャーで「知ったらもっと食べたくなる!おいしいサツマイモの世界」と題したさつまいも講座を柏センターおよび北千住センターで実施しました。
さつまいもオンリーの90分。さつまいもにまつわる事柄や豆知識、おいしく食べる方法も交えながら、最後は干しいも食べ比べを実施しました。