日本は農薬使用量が多いのか?

1年ほど前に、FAO(国際連合食糧農業機関)のデータをもとに各国の農薬の使用量を、農薬と言っても、除草剤、殺虫剤、殺菌剤などいろいろあるので、内訳も含めてまとめてました。
一覧表は耕地面積100万ha以上に絞ってます(イスラエル以外)。

30年前の使用量との増減も確認してみました。
こちらも比較的大きな国に絞ってます。順位は1ha平均使用量が多い順です。

農薬使用量の単純比較に意味はない

農薬使用量に関して、気候、主要作物やその栽培法、はては経済状況にも影響され、除草剤、殺虫剤、殺菌剤などの内訳もぜんぜん違うので、単純に農薬使用量を比較して、日本が多いとか少ないとか話題にしても意味がないと思う。

消費者にとっては、農薬という大きなくくりでしか興味がなく(理解できず)、除草剤、殺虫剤、殺菌剤などの内訳までは関係ないと思っているかもしれないが、使用法や作用が全然違うものだし、危険性もかなり異なる。(昔ある人には、昔に比べると危険性が低くなったが、同時に効果が弱くなったのか、散布回数が増えたようなことを聞いた。どっちが良いのかはわからない。)

実際のところ、30年前に比べると日本の農薬使用量は減っているし、環境にうるさそうなドイツが実際には増えていたりする。

最近、有機農業の普及推進が話題にあがることが多いけど、データを用い、ファクトに基づきながら、建設的な議論をすべきだと思う。

データを読み解いてみる

アジア先進国は比較的に農薬使用量が多い。高湿度であること、施設園芸もあり、年中野菜を作っているのが理由だと思われる。

湿度が低く冷涼なヨーロッパでも、施設園芸の盛んなオランダの順位は高い(イスラエル含めて考えると、施設園芸は農薬に頼るところが意外と大きいようだ)。オランダ式やイスラエル式の農業が持ち上げられていることもあるが、果たして環境負荷やSDGsの観点からはどう評価できるのか、不明だ。

フランス、ドイツ、アメリカが少ないのは、栽培期間が短く、そもそも農薬使用量が比較的少ない穀物比率が高いのが理由。

一方で、南米の国は穀物比率が高くても、二毛作ができるので使用量は多い。30年前に比べて増えてるのも二毛作が普及してきているから使用量も増えているものだと思われる。北も南もアメリカ大陸は、除草剤の割合が高いところが多い。

途上国は農薬を買う金がなかったり、農薬を使うことによる付加価値向上があまりないので(見た目よりも食べられるかどうか)、そもそも使わないのだと思われる。経済成長し、生活が豊かになれば農薬使用量は増えるかもしれない。

サツマイモの未来-未来のあるべき姿とは何か?

昨年の12月後半、サツマイモの未来について考えることが増えました。
正確にはサツマイモの未来というよりも、私がサツマイモ業界においてこれから取り組むべきことは何だろう?ということです。

考えるようになった理由は大きく3つあります。

一つ目は、サツマイモの栽培において自分自身の能力や効率化で生まれる付加価値が思いのほか小さいことに気付いたことです。これは、2022年にまとまった面積で栽培をしたことで、今後の面積拡大やさらなる効率化をはかったとしても、うまれる付加価値は自分が思っていたよりも大きくないと感じたからです。重要なのは「自分が思っていたよりも」ということで、サツマイモの栽培が儲からないというわけでもないですし、やめるわけでもないです。

二つ目は、2年前から多くのメディア出演をしてきましたが、多くはサツマイモ業界の過去や現在を語る内容になっていて、未来を語ることが少なかったという反省です(求められない場合も多いですが)。もちろん、サツマイモについて幅広い知識をもって、わかりやすく伝えることができるのは自分ぐらいだという自負はありますし、これからも発信活動を継続することに変わりはないですが。

三つ目は、とある焼きいも屋さんに会った時に、「橋本さんは私たちの敵ですか?味方ですか?」と聞かれたことです。私個人としては、サツマイモ業界のどの立場の方とも一定の距離感をもって接しているつもりでした。ただ、業界というよりもサツマイモにとってどうか?を優先して考えているし、活動内容が多岐にわたっているので、誤解をうむようなところがあったのかなと…少しショックを受けました。

以前より、サツマイモ産業振興ネットワーク構想として、サツマイモに関するビジネスチェーンを構成する研究者・生産者・企業および消費者の連携をサポートし、新しい価値(商品・サービス)を共創する仕組みを作ることを提唱していましたが、正直なところ既存の枠組みの中では、できることが少なく感じています。サツマイモ業界の中で共存共栄の関係性を作っていきたいと考えていましたが、共存共栄は結果であって、これを目的にしていたら何もできないと考えるようになりました。

「さつまいもでつなぐ、人と世界と未来」を掲げているけど、自分はいったい何に手が届くのか、どこまで歩いていけるのか?
現状での自分の能力と限界を知り、先の見えない落ち込んだ気分にいました。

そのような気分の中、12月末に新卒で入った会社で、最初に配属された部署の方と20年ぶりぐらいに飲む機会がありました。
いろいろ話をしている中で、ある人が「橋本がやっていることはすごいことだと思うよ」「なにかやれることがあったら言ってくれ」と言われたことが、非常に嬉しかったのと同時に、業界外の方との関係性にこそ、自分の価値があるのではないか?という気付きになりました。

やはり、私がサツマイモ業界においてこれから取り組むべきことは、多くの人にサツマイモの魅力を伝え、繋がっていなかった人、さつまいもに少しでも関心をもってくれた人を活動に巻き込んでいくことではないだろうか。
そのためには、既存の業界の枠組みを外れてでも、サツマイモの未来を思い描く必要があるのではないか。
メディアにも取り上げられるような、新しい取組みを提案して実現していかなければならないと感じています。

2019年から2022年までの3年間は「サツマイモ産業振興ネットワーク構想」を掲げて活動し、業界内で共存共栄の枠組みを作ろうと思っていましたが、正直なところ目指すべきサツマイモ業界の「未来のあるべき姿」が見えていない、またそれを実現できるだけのリソースが備わっていない。

未来思考(バックキャスティング)が大事だと書いていますが、まずは、私とサツマイモの「未来のあるべき姿」を見つけ、覚悟を決めて取り組むのが先決です。
そのためにも、今年はある意味自分勝手に、自分がやりたい事を優先的にやってみようと思います。

「砂糖類・でん粉情報」2023年1月号に寄稿しました

農畜産業振興機構が発行する「砂糖類・でん粉情報」の2023年1月号に寄稿しました。
”さつまいも生産に対するスマート農業一貫体系の導入による「超省力化・規模拡大」と 「単収増加・高品質化」の実証について”との表題で、令和2年度スマート農業実証プロジェクトの成果をまとめてあります。
ご一読いただけると幸いです。

さつまいも生産に対するスマート農業一貫体系の導入による「超省力化・規模拡大」と 「単収増加・高品質化」の実証について
https://www.alic.go.jp/joho-s/joho07_002850.html

さつまいもに係るメディア出演・講演・寄稿などについて

さつまいもに係る講演・寄稿・メディア出演等の実績について、2021年分からきちんと更新していなかったので、主にFacebookに登録している内容をもとに今年の年明けからこつこつと「お知らせ」として反映しました。

少し降り返りますと、初めてラジオに出たのは2015年の『農業応援プログラム「あぐりずむ」』でした。こちらは今でも放送されていますね。当時販売していたサツマイモの紹介で電話出演でした。

はじめてスタジオ収録に挑んだのが、2016年の文化放送「玉川美沙ハピリー」でした。この時は、会社の顧問に声がかかったんですが、顧問の都合が悪く代役として呼ばれました。まさか自分がラジオに出ることになるとはなーと思いましたね。

2017年は出演などはなかったですが、「マツコの知らない世界」から連絡があった記憶があります。結局、この時はテーマが「大学芋の世界」になって、現在協会の理事になってもらっている方が出演されました。

大きな転機になったのは、2018年11月のNHK「あさイチ」への出演です。実はこちらも当初は顧問にアポがあったんですが、対応が難しく代役としてどうですか?と打ち合わせをした結果、キャラを買ってくれたのか、大幅に出演時間がアップして、さつまいもクイズ企画もさせてもらいました。
2018年は別に2本ラジオ出演しています。

2019年はさつまいもではなくスマート農業関係での露出が多かったですね。2020年はBUZZ MAFF、カルチャースクール、小学生新聞でした。

一気に増えたのが2021年からです。2019年8月に「さつまいもアンバサダー協会」を立ち上げて、これまで以上に情報発信をするようになったのが影響しているのではないかと感じています。会社の時もそうでしたが、だいたい1年~1年半ぐらい情報発信を続けていると、認知度が上がってくると感じます。

あと、焼きいも(さつまいも)ブーム自体の影響も大きいですね。個人的にはブーム自体は始まってもう15年ぐらい経つので、今更感を感じる時もありますが、いろいろなメディアで取り上げてもらえるキッカケになっているのは喜ばしいことです。

2022年は少しかたい内容のセミナーや業界誌への寄稿も増えました。あと新聞や媒体もある程度名が知れたところからの依頼が増えました。信頼度/信用度が上がったのでしょうか。

ちなみに、名前が出るほどでもない、TVの番組やニュースからの問合せ(主にファクトチェック)も同じぐらい受けています。

さつまいもに係るメディア出演・講演・寄稿などの2021年&2022年の実績をざっとリストにしてみました。

2021年

  • TV
    • 日テレ「ヒルナンデス!」(2021年11月)
  • ラジオ
    • TOKYO FM「ONE MORNING」(2021年10月)
    • FM COCOLO Whole Earth RADIO「YOU ARE WHAT YOU EAT ~世界の食~」(2021年10月)
    • J-WAVE「MAKE MY DAY」(2021年11月)
  • 紙媒体
    • オルビスマガジン(2021年9月)
    • クイック・ガーデニング通信(2021年11月)
    • 日経プラスワン(2021年11月)
    • 毎日新聞(2021年11月)
  • ウェブ媒体
    • くらしのメディア・ウチコト(2021年2月)
    • まんぷくベジ(2021年12月)
  • 寄稿
    • 森永フレッシュレポート(2021年9月)
  • 講演
    • よみうりカルチャースクール(2021年1月)
    • 干し芋に関する勉強会(2021年4月)
    • サツマイモ基腐病対策研修会(2021年7月)
    • 阪神百貨店梅田本店 食祭テラス(2021年10月)

2022年

  • TV
    • BSよしもと「ワシんとこ・ポスト」(2022年9月)
    • MBS「せやねん!」(2022年10月)
    • SBC信越放送「ずくだせテレビ」(2022年10月)
  • ラジオ
    • 文化放送「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(2022年7月)
    • J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」(2022年10月)
    • InterFM「伊織もえのCHUCHUチューズデイ」(2022年11月)
    • TOKYO FM「日本郵便SUNDAY’S POST」(2022年12月)
  • 紙媒体
    • 読売新聞(2022年1月、2022年12月)
    • 農業共済新聞(2022年8月)
    • 女性セブン(2022年11月)
  • ウェブ媒体
    • SHUN GATE(2022年1月)
    • さつまいも大学(2022年7月)
    • J-CASTニュース(2022年9月)
    • 集英社オンライン(2022年11月)
    • ダイアモンドオンライン(2022年11月)
  • 寄稿
    • いも類振興情報(2022年4月、2022年7月)
    • 砂糖類・でん粉情報(2022年10月)
  • 講演
    • 阪神百貨店梅田本店 食祭テラス(2022年1月)
    • 特産農作物セミナー(さつまいも)(2022年8月)
    • 川越いも文化学セミナー(2022年12月)

阪神百貨店梅田本店 食祭テラス「第2回恋するサツマイモ」にプレゼンターとして出演しました

作戦に引き続き、阪神百貨店梅田本店 食祭テラスの「恋するサツマイモ」にさつまいもスーパープレゼンターとして出演してきました。

トークショーのご視聴やさつまいもクイズへの参加もありがとうございました。
トークショーではサツマイモ基腐病の話もさせてもらいました。
消費者向けのイベントで、さつまいも生産の苦労や病気の話をするのは、賛否両論ある気もしますが、時代の流れとして消費側も生産現場への理解が求められるようになったんじゃないかと感じています。(SDGs 12番目の目標「つくる責任 つかう責任」)

出店された店舗の皆さま、食祭テラスの皆さまもありがとうございました。
また来年も皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

現代農業2023年2月号のイモ品種特集に寄稿しました

現代農業2023年2月号のイモ品種特集に寄稿しました。
専門家の視点から、主力品種や注目品種の解説、品種の特徴一覧(病害虫抵抗性、貯蔵性、萌芽性)をまとめてみました。
今後の栽培計画や品種選択のお役に立てると嬉しいです。

現代農業 2023年2月号
https://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54022010/

川越いも文化学セミナー「焼き芋文化の伝統とその魅力を語る」の講座を行いました

川越のサツマイモまんが資料館で開催される「川越いも文化学セミナー」にて、「焼き芋文化の伝統とその魅力を語る」の講座を行いました。

さつまいもの基礎情報から、焼きいもの歴史やブームの移りかわり、焼きいも3品種の食べ比べを行いました。

TOKYO FM「日本郵便SUNDAY’S POST」に出演しました

TOKYO FM系列全国38局フルネット 「日本郵便SUNDAY’S POST」の12月4日(日) の回に出演しました。

『冬の味覚シリーズ』の第1弾『さつまいも』です。

番組中に弊社農場でとれたサツマイモ4品種の焼きいもをパーソナリティーのお二方に食べていただきました。弊社イチオシの品種がお二方から「一番好き」と言っていただけました。
詳しい内容は番組のアーカイブをご覧ください。
https://www.tfm.co.jp/post/index.php?catid=3595&itemid=191343

インタビュー記事が集英社オンラインに掲載されました

インタビュー記事が集英社オンラインに掲載されました。
焼きいもブーム(さつまいもブーム)やさつまいもの栄養価や美味しい食べ方についてお話させていただきました。

品種改良で、50年ぶりの第4次ブームが加速。便秘解消、風邪予防、ダイエット…いいことずくめのさつまいものチカラとは?
https://shueisha.online/gourmet/76586