グリーンインフラの活用 農業や食と社会経済活動をテーマに講義スタート

大正大学でのグリーンインフラ論の講座が再開しました。今期は私が主担当なので授業内容や講義資料などすべて一人で考えて作っています。

今期全体のテーマは「グリーンインフラの活用 農業や食と社会経済活動」で、初回は1)農業の多面的機能、2)農産物の流通について講義しました。

「農業の多面的機能」は『国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、良好な景観の形成、文化の伝承等農村で農業生産活動が行われることにより生じる食料その他の農産物の供給の機能以外の多面にわたる機能(食料・農業・農村基本法第三条)』で、農業には経済的評価が難しいけど必要とされていることがあること、グリーンインフラとして求められる機能を農地や農業関連施設が提供できるということを理解してもらうことが目的です。

「農産物の流通」は、食・農業は身近でその課題感をなんとなく理解することはた易いですが、一方でその課題解決を考えるうえで流通構造を知らないと浅い議論になりがちだからです。
JAや卸売市場の存在意義についても話ながら、各生徒には事前に近所の小売店で野菜の値段・産地を調べてきてもらった内容を共有してもらったりしました。
作物によって産地に偏りがある、野菜パックはなぜ一定の価格なのか、キノコやもやしの値段はなぜあまり変化しないのか?など、考えるネタになります。

この二つのテーマはある意味逆の話なんですが、農業や食は利益追求するだけではなく社会的な意義も考えて欲しい、その一方で継続性を考えるうえでは利益も必要なので、そのためにはどういう仕組みにすれば良いか、このテーマ間をいったりきたりしながら考えるのが重要だと思ってます。

「朝小はじめてのしんぶん」にナビゲーターとして登場しました

朝日小学生新聞に月1回折り込まれる「朝小はじめてのしんぶん」11月号の特集「さつまいものひみつ」に弊社代表がナビゲーターとして登場しました。(11月4日発行)
関東中心に保育園・幼稚園に無料配布もされているようです。購読されているご家庭の方、保育園などで見かけた方、ぜひご覧ください。

グリーンインフラ論の講義を通じて

「グリーンインフラ」を専門として大学で教えておきながら、「グリーンインフラ」という言葉に出会ったのは昨年度秋ごろなのですが、地域活性化から新興国支援に繋がる道筋や都市近郊農業(住宅地近郊農業)の在り方など勉強になることいろいろです。

あと、気候危機は食や農業に対する影響として、中長期的にはかなり切実な問題だと認識を改めているところです。また、スマート農業も短期的には担い手育成や労働力不足解消が目標かもしれませんが、中長期的には環境負荷を減らし持続可能性の実現が目標に移っていく(移らざるを得ない)ような気がします。

ただ、持続可能な農業というのは聞こえは良いけど、「環境保全」と「生産性・経済性」との間にジレンマを感じますね。

今後の方向性をモヤモヤしながら考えているところです。

SURVIVE 生き残るということ

8年前の6月6日に会社を設立しました。

志半分、独立したいが半分だったので、独立当初は具体的な仕事がある状態ではなく、日々日々減っていくお金に、何度もサラリーマンに戻ろうかと思ったことがあります。

そこまで起業・独立にこだわることはない、実現する方法はいくらでもあるはずだ、そんな話を耳したこともあります。実際に、同時期に起業した方で辞めてしまった人もたくさんいます。

でも、一度始めたことは絶対に無理だとなるまでは続けるべきだと、道が開けるまでひたすら前を向いて進む、SURVIVEすることを目標にいろいろな仕事をしてきました。

その点が繋がって線になって、今もなんとか続いています。いろいろな人との出会いや、偶然でしかないキッカケみたいなものをうまく繋げてきた…それしかないような気がしています。

これからも、常に新しいことに挑戦し、常に考えてより良い道を探っていきたいと考えています。

鹿児島県さつまいもスマート農業実証コンソーシアムに参画しました

農林水産省が公募を行った「令和2年度スマート農業実証プロジェクト」において、鹿児島きもつき農業協同組合を代表機関とする「鹿児島県さつまいもスマート農業実証コンソーシアム」が提案を行った実証課題「さつまいも生産に対するスマート農業一貫体系の導入による「超省力化・規模拡大」「単収増加・高品質化」の実証」が採択されました。

BUZZ MAFF さつまいも大好きチャンネルに出演しました

国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を国内外に伝えるため、農林水産省職員自らがスキルや個性を活かして、省公式SNSで情報発信するプロジェクト「BUZZ MAFF」が立ち上がり、1月7日(火)から発信を開始されています。
その中のさつまいも大好きチャンネルの第一回目に出演していますので、ぜひご覧ください。

サツマイモまんが資料館の副館長に就任しました

さつまいもで有名な埼玉県川越市に、親しみ易い情報発信の拠点の場として「サツマイモまんが資料館」を設立し、副館長に就任しました。

資料館ではイラスト漫画などを通して専門家がわかり易く川越いもの歴史文化やサツマイモの世界を伝えていきます。

また、他の機関・団体等と連携し、「川越いも学校」を併設してテーマ別にミニ講義を行い、正しい情報を伝えていきます。