唐芋を通じた国際交流!第10回東アジア唐芋友好ワークショップ

11月17日から20日まで沖縄県読谷村で開催された第10回東アジア唐芋友好ワークショップに参加してきました。

東アジア唐芋友好ワークショップでは「唐芋の加工と6次産業化」をテーマに研究討議が行われ、日中韓の各国から2名ずつ発表がありました。日本からは沖縄のお菓子メーカー「株式会社御菓子御殿」専務取締役の澤岻千秋様による「唐芋の加工と6次産業化~むらおこしから地域ブランドになるまで~」、大海酒造株式会社代表取締役の河野直正様による「地域に根ざした焼酎造り」の発表がありました。中国や韓国からも同じ各国の唐芋産業の現状及び見込みについて発表がありました。

各国の発表内容を聞いていて、日中韓で唐芋に関する悩みは共通していることがよくわかりました。例として、唐芋の病気や生産性の向上、加工・販売においていかに付加価値をあげるかの課題が挙げられます。また、中国と韓国でも6次産業化への取り組みが見られました。

ワークショップが開催された翌日は沖縄の唐芋農場と御菓子御殿読谷本店の見学をしました。見学をした村内農場では「ちゅら恋紅」という紫芋が栽培されていました。農場ではお花畑かと思うぐらいに花を咲かせていました。そのため、沖縄では自然交配で勝手に新しい品種が生まれるそうです。また、沖縄には本土では発生しない非常に厄介な害虫ゾウムシ類の対策が大変だということです。

花を咲かせたちゅら恋紅

農場見学の後には「紅いもタルト」で有名な沖縄のお菓子メーカー、御菓子御殿の工場見学に行きました。紅いもタルトは村の紫芋を使った独自の商品です。人気商品として有名ですが、発売当初は、紫色の食べ物は流行らない、など言われたこともあったそうです。さまざまな困難を乗り越え、今では観光客だけでなく地元沖縄の方々にも人気があるそうです。

その後、嘉手納町に移動し、いもづるの会との交流を行いました。野國総管関係のお話や唐芋が結ぶ日中韓の歴史についても学べ、非常に勉強になりました。

ワークショップを通じ、唐芋に関する課題を日中韓で共有し、一緒に解決していくことが必要であると認識しました。3カ国共同で取り組むことに対し、日本の情報が洩れる、という意見を耳にすることがありますが、農業に関わる技術の進歩や人材育成は日本だけの問題ではなく、国境を越えた人との交流によって発展すると感じました。

近年、日中韓の政治的な問題が生じているのにもかかわらず、10年間開催され続けていることはとてもすばらしいことと感じます。ワークショップの最後には引き継ぎ式が行われました。来年は韓国で開催されるようです。夜に行われた晩餐会では沖縄民謡を踊ったりして友好的な交流ができました。唐芋が繋げる国境を越えた縁・友好が今後も続くことを期待します。

一般社団法人さつまいもアンバサダー協会を設立しました

一般社団法人さつまいもアンバサダー協会を設立いたしました。

本協会は、サツマイモに関する情報の発信やさつまいもの魅力を伝えるアンバサダー育成を通じ、サツマイモ産業の振興やサツマイモの普及をすることを目的に設立しました。

日本全国のサツマイモを愛する人や団体を結び付け、サツマイモの魅力と可能性を伝えるインフラとして、国内、そして世界に活動を広げていきたいと考えております。

スマートアグリシンポジウムにファシリテーターとして登壇しました

東京・日比谷で開催されたスマート農業のシンポジウムでファシリテーターをつとめさせてもらいました。
ファシリテーターには、パネラーの方々のような特定分野の知識の深さではなく、幅広い知識が求められると考えています。

知識をフル動員し、パネラーの方々とお客様(質問者)の期待度に対し、どちらもそれなりの満足度が得られるようなバランスを心がけました。事後のアンケートからも評価いただいた声が多くて良かったです。

「橋本さんの話ももっと聞きたかったです」という声もいただきまして、お声がけいただければどこでもいつでも話します。またサツマイモ×スマート農業も模索していきたいと思いますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

さつまいもカンパニーが目指す組織のかたち

私は組織で働くのに向いていないと子供のころから言われていました。
また、研究者へのあこがれもあり、大学院に進学を決めたタイミングでは研究者になることを目指していました。ただ、大学の研究室でいろいろアカデミックな世界も自由さがなく息苦しい世界だなーと思い、いつか自分で事業を興すぞと思いながらも、いったんは普通に就職することにしました。
会社員時代も、基本的に好きにやらせてもらっていた気がしますが、組織の方針が個人の考えよりも優先される場合が多いことに窮屈を感じていました。

また、私は根本的に人には上とか下とかはないと思っていて、もちろん敬意をもっている方には丁寧な対応をしますが、必要以上に持ち上げたりすることなく、おべんちゃらを言うこともなく、基本的にはどんな方にもフラットな対応をすることにしています。

進化型組織
このような考えから、組織に属するメンバーは同列で遠慮しないオープンな状態であること、各々の得意なことや好きなことで役割を分担しながら自由に活動し、その結果として自律的に会社が動くような組織が自分では理想に思えてきました。

また、誤解を恐れずに書くと日本はすでに経済的には衰退期です。
出世や成功がキャリアの目標だった時代は終わり、会社は幸せを実現する場所で、仕事は幸せを追求するものではないかと感じていました。(なのでワークライフバランスという言葉には違和感を感じます)

そんな中、ティール組織(進化型組織)の本を読みました。
まさにこれだと思いました。

さつまいもカンパニーで私は、組織が存在する理由、将来の方向性を常に追求し続けています。
また、私がさつまいもを通じて実現したい世界に共感した人=共通の目的をもった人が、主体的に参加してくれることを望んでいます。

インターン生に求めること
現在、さつまいもカンパニーではインターン生の募集を行っています。
さつまいもカンパニーのインターンの特徴は、主体性や自律性が求められることでしょうか。
また、採用にあたっては、さつまいもカンパニーのカルチャーに合うかどうかを重要視しています。さらに、事業や業務は多岐にわたり、変わることもしばしばあるので、その状況にいかに対応できるかという柔軟性やポテンシャルを重視しています。

仕事を単純化すると、取り組む、解決する課題を設定し、そのためにはいま何が足りなくて何をするべきかを明らかにし、それをひとつひとつ取り組んで乗り越えていくだと思います。

インターン生には、私がさつまいもカンパニーとして取組んでいきたいことを伝え、大体の方向性を伝えますが、細かくどうすれば良いかは考えてもらうようにしています。もちろん困ってたり、進捗が滞っている時はこうしたほうが良いんじゃない?というようなアドバイスはします。

結果的にうまくいかなかったとしても、各自が自律的に動いた結果であれば、その責任は問わないようにしています。

業界誌「養豚界」に「最新技術と農業」を寄稿しました

養豚業界者向け月刊誌「養豚界」2019年1月号に「最新技術と農業」を寄稿しました。

一月号のテーマが「どうなる?養豚×ICT IoT」ということで、スマート農業を題材に概要や技術、活用事例やその課題について解説し、養豚業での今後の活用についても提言させていただきました。
「現場の方が読むので言葉の解説からお願いします」というご要望にお応えできるように、出来る限りわかりやすく書くことを心がけました。

ラジオ FM FUJIのワイド番組「Action!」 出演しました

2018年11月17日に放送されたFM FUJIのワイド番組「Action!」の13時20分頃からの企画コーナー「Let’s Enjoy Outside!」に出演しました。

パーソナリティの河村陽介さんとのフリートークで、「さつまいもの魅力」と題して、サツマイモの歴史や美味しい食べ方などをお話させていただきました。

NHKあさイチに出演してサツマイモ愛を全国に届けました

NHKあさイチのさつまいも特集「もっと大好きに!さつまいも」を多くの方に見ていただきありがとうございました。

もっといろいろ話したかったこともありましたが、限られた時間の中で少しでもさつまいもの魅力が伝えられたなら嬉しいです。

さつまいもはまだまだ奥深い作物で、わかっていないことが多くあります。これからもさつまいもの可能性を追求していきたいです。